店長挨拶

エコリリースは、ご家族・自然・生き物の「安全」を第一に、安心してお使いいただけるよう、厳選した天然の植物原料で作った環境の浄化が促進できるUE酵素配合の石鹸(粉&液体等)です。

健康や環境を害する合成洗剤や、汚れを溶かして流すだけの石鹸ではなく、UE酵素を含んだエコリリースが排水を流れる事で、河川や海の環境の浄化を促進します。また使用量が洗剤や粉石けんにくらべ1/10なので環境負荷も1/10です。

安全な天然成分で作られていますので、お肌の弱い方やアトピー体質の方に喜ばれています。

エコリリースで安全で安心できる石鹸ライフと自然を取り戻しましょう!

店長ブログ


被災地支援201303~06


エコリリースは業務用から始まりました


石けんライフ入門
石けんっと本当にエコなの?
100面人が集まるサイト相互リンク
100万人が集まるホームページ
HOME»  UE酵素(UYAMA ENZYME)の特徴

☆代理店募集☆


UE酵素ってなに?



 
沖縄産のパイナップルの芯と皮と葉から作られています。

アルコールデハイドロゲナーゼ・グルタミン酸デハイドロゲナーゼ等など39種類の酵素で出来た複合酵素です。


UE酵素が他の酵素とれ優れている点は・・・

1  39種類の酵素で構成されています。
・酵素は1種類で1つの物質を分解できます。たとえば、唾液に含まれているアミラーゼはでんぷんを分解する酵素です。
このように、UE酵素は39種類の物質を分解できますので、汚れに関する殆どの物質を分解する能力があります。

2  耐熱性が高いこと
・酵素はタンパク質から出来ています。普通タンパク質は60℃で分解されますが、UE酵素は高温でも効果があり中高温の方が高い酵素反応を示します。

3  4大悪臭であるアンモニア、トリメチルアミン、メチルメルカプタン、硫化水素をほとんど瞬時に消臭する分解能力があります。

4  限定微生物のための環境整備をすること
・これにより、UE酵素の排水が水中微生物を活発にし、環境浄化を促進します。

5  脱塩素作用 ・脱水素作用 ・脱酵素作用・脱炭酸作用 ・脱アミノ作用が有ります。
・土壌中で、これらの作用力は土壌中の残効肥料や塩基物や肥料分を単分子化して、植物が吸収しやすくします。


また、塩素化合物の分解剤として特許(1815345号)を取りました。
しかも、自然や生物には全くの無害で、UE酵素が排水と一緒に流れることにより、河川や海のヘドロを分解します。
ですから、エコリリースは少量でお洗濯も出来ますし、排水管の汚れや臭いや環境の浄化を促進してくれるのです。


UE酵素(UYAMA ENZYME)の特徴


酵素とは「生体が生産する物質の一つで、主に「生体の代謝作用に関与するタンパク物質」と定義されます。
即ち、生物の生命活動である糖の合成や分解、細胞の造成、酸化や還元等、高度な化学反応(代謝活動)を常温の体内で可能にする(触媒作用を持つ)ものです。

現在確認されている酵素の数は数千に及び、それぞれが固有の作用対 象を持っています。
また、酵素は微量元素、特に金属、重金属と呼ばれるミネラルと結合する事により、
ミネラルが持つ毒性を無毒化する一方、酵素自体の機能はその結合により数千倍、数 万倍に増大します。

酵素を生産する能力が一番強いのは微生物で、その次に植物、
人間を含む動物が、一番酵素生産能力が低いとされています。
産業社会で有用な酵素が開 発されれば、高度な化学反応が常温で簡単に可能になりますから、
膨大な施設やエネ ルギー使う工業プラントなど不要です。世界のバイオ科学者が新酵素の開発に狂奔する所以です。
UE酵素は日本特許製品(2849018号)で故宇山静雄(広島在住)が35年の歳月をかけて開発した、
当代希有の物質です。

主原料はパイナップルで、これに複雑な過程を経て種々のミネラルを反応結合させ、
安全性の高い複合の植物性酵素(39 種類)に仕上げています。
その機能は従来の酵素の範疇を超えるもので、その利用性は多岐にわたります。
その一例は本酵素の塩素化合物の分解力で、ダイオキシン分解剤として世界の脚光を浴びている事です。




従来の酵素の範疇を越えるUE酵素


通常、酵素は“ある物質に特異的に、限定的に対応作用する”とされていますが、
UE酵素は多種多様の性質と効果を持っております。
UE酵素の呼称は開発者の名を冠した“酵素”ですが、
その内容は従来の酵素を遥かに越える物質であることは、以下 のことから明白です。


 
UE酵素の特性(従来の酵素と異なる点)

1.耐熱性が高いこと(高温でも効果があり、中高温の方が高い酵素反応を示す。)
2.酸素多重触媒機能を持つこと
3.複数の対象に触媒作用を持つこと
4.有機物単分子化剤であること(例:リグニン分解に卓越した力)
5.細胞賦活作用を持つこと
6.限定微生物のための環境整備をすること
7.EC(電気伝導度)降下作用を持つこと


 
UE酵素が持つ作用力

 
★ 化学的性質として

◎ 脱塩素作用◎脱水素作用◎脱酸素作用◎脱炭素作用◎脱アミノ作用
などの働きがあり、それらの元素分子の転換を常温領域で行い、原因を基から分解
除去する性質があります。

■UE酵素製剤は、一般に四大悪臭といわれるアンモニア・トリメチルアミン・硫化水素・
メチルメルカプタンといった特性の異なる悪臭も同時に分解消臭することができます。

■UE酵素製剤は、廃水の中や廃棄物の中に含まれる農薬、界面活性剤、重金属、
PCBなども吸着して分解する性質を有します。

■UE酵素製剤は陽イオン置換能力が高く、酸化還元電位を下げ、動植物の育成や成熟代謝
能力を促進します。

1.細胞増殖及び賦活作用の向上
2.有用微生物群の増殖
3.病原菌の抑制(淡水、海水養殖場のウイルスフリー)
4.酸化還元電位低下に伴う水分子、クラスターの細分化
5.排水時のBOD、COD、SSの効果作用
6.土壌電気伝導率(EC)の調整
7.含糖成分(セルロース)などのブドウ糖化及びリグニン(高分子物質)など分解促進


★UE酵素の安全性

 

■ UE酵素は糖類とパイナップル等の南洋産果実のエキスから作ったもので、科学物質は一切使用しておりません。39種類にも及ぶ酵素を含んでおりマウスとヒメダカによる急性毒性試験に合格しています。

UE酵素の主要な酵素成分を以下に列記します。なお、かっこ内は分解対象物です。


アルコールデハイドロゲナーゼ(アルコール)
ラクテートデハイドロゲナーゼ(乳糖)
グルコース6リン酸デハイドロゲナーゼ(糖質)
アルデヒドデハイドロゲナーゼ(アルデヒド)
L・アスパルテイト・βセミアルデヒド・NADPオキシドレクターゼ(アルデヒド)
グルタミン酸デハイドロゲナーゼ(アミノ酸)
アスパラギン酸セミアルデヒドデハイドロゲナーゼ(アミノ酸)
NADPH2チクトクロムC・リアクターゼ(NADP)
グルタチオン・デハイドロゲナーゼ(グルタチオン)
トレハローズリン酸シンテクターゼ(糖質)
ポリフォスヘエードキナーゼ(ATP)
エタノールアミンフォスヘエードサイチジルトランスフェラーゼ(CTP)
トレハローズフォスフォアターゼ(糖質)
メチルチオ・フォスフォ・グリセレート・フォスフォアターゼ(グリセリン)
イヌラーゼ(イヌリン)
β-マンノシターゼ(糖質)
ウリジン・ヌクレオシターゼ(アミノ酸)シトシン・ジアミナーゼ(シトシン)
メチルシスティンシンテターゼ(アミノ酸)
アスパラギン酸シンテターゼ(ATP)
コハク酸デハイドロゲナーゼ(コハク酸)
アコニチン酸ハイドロゲナーゼ(クエン酸)
フマレートハイドロゲナーゼ(マロン酸)
マレイトハイドロゲナーゼ(マロン酸)
クエン酸シンテターゼ(アセチルCouA)
イソクエン酸デハイドロゲナーゼ(クエン酸)
LSNADPオキシダクターゼ(クエン酸)
モノアミノキシダクターゼ(クエン酸)
ヒスタミナーゼ(アミン)
ピルビン酸デカルボキシナーゼ(オキソ酸)
ATPアーゼ(ATP)
ヌクレチオドピロフォスフォアターゼ(核酸)
エンドボリフォスフォアターゼ(ATP)
ATPフォスフォハイドロラーゼ(ATP)
オロチジン5リン酸デカルボキシラーゼ(オロチジン)